ホーム > 健康・福祉・子育て > 介護 > 要介護認定、要支援認定の申請から認定まで

要介護認定、要支援認定の申請から認定まで

 どのような時に申請を考えるか

介護予防サービス介護サービスを受けたい時に申請が必要となります。
必要だと認められる場合は、申請、即サービス利用という形もとれるため、「いずれに備えて…」という理由での申請は必要ありません。

申請の仕方

窓口で申請の場合

下記の窓口に申請書がありますので、申し出てください。65歳以上の方は、介護保険被保険者証を添えて提出してください。

窓口
  • 幕別町役場1階介護保険係(幕別町本町130番地1)
  • 札内支所(幕別町札内青葉町311番地)
  • 糠内出張所(幕別町字糠内251番地の1)
  • ふれあいセンター福寿(幕別町忠類白銀町384番地10)

郵送で申請の場合

申請書を下記の住所に郵送してください。65歳以上の方は、介護保険被保険者証も同封してください。申請書の裏面に訪問調査時の家族の立会いの希望の有無、有の場合は氏名と連絡先電話番号の記載をお願いします。

files/kaigoshinseisyo.docワードファイル(62KB)

files/kaigoshinseisyo1.pdfPDFファイル(266KB)

郵送先

〒089-0692
北海道中川郡幕別町本町130番地1
幕別町住民福祉部保健課介護保険係

訪問調査

心身の状態について、町の調査員が訪問調査にお伺いします。

審査・判定

コンピュータによる判定(一次判定)や主治医意見書を、訪問調査の特記事項をもとに、介護認定審査会(二次判定)を行います。二次判定結果にもとづいて、市町村が介護度を決定します。

結果通知

申請してから30日ほどで、認定の通知書と、認定結果が記載された介護保険証が届きます。

介護予防サービスが受けられます

介護度 心身の状態例
要支援1 「歩行」や「起き上がり」などの日常生活の基本的動作はほぼ自分でおこなうことができが、「薬の内服」や「電話の利用」などの日常生活に必要な能力に何らかの支援が必要な状態。
要支援2 要支援1の状態から、日常生活に必要な能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要となる状態。

介護サービスが受けられます

介護度 心身の状態例
要介護1 要介護1 要支援2の状態から、「薬の内服」「電話の利用」などの日常生活に必要な能力がさらに低下し、部分的な介護が必要となる状態。
要介護2 要介護1の状態に加え、「歩行」や「起き上がり」などの日常生活の基本的動作についても部分的な介護が必要となる状態。
要介護3 要介護2の状態と比較して、日常生活の基本的動作と日常生活に必要な能力がともに低下し、ほぼ全面的な介護が必要になる状態。
要介護4 要介護3の状態に加え、さらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活を送ることが困難な状態。
要介護5 要介護4の状態よりさらに動作能力が低下しており、介護なしには日常生活を送ることがほぼ不可能な状態

このページの担当は

保健課 介護保険係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-3812 / FAX 0155-54-3839
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

鉄道模型買取

不動産査定比較

資金調達BANK

クレジットカード

おすすめの電力会社ランキング!安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ

ジムちゃんねる

車の裏話

ホットストラップ

クレジットカードマイスター



ページのトップに戻る ▲