ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 病後児保育事業

病後児保育事業

病後児保育事業とは

 病後児保育事業は、病気や怪我の回復期にあり、医療機関による入院加療の必要はないが、集団保育が困難なお子さんを、専用の保育室でその子の生活リズムや体調に合わせて、看護師等の専門スタッフの保育により、ゆったりと過ごすことで無理なく体力の回復を図る事業です。

対象児童について

 次の3つの条件を満たすお子さんが対象となります。

  1. 幕別町内に在住し、認可保育所に入所しているお子さん。
  2. 入院の必要がない傷病回復期あり、また集団保育が困難な状態であるが、医師が不在でも保育が可能と診断されているお子さん。
  3. 保護者の就労、傷病、出産等により、家庭で保育が困難な状態であるお子さん。

実施保育所について

 実施保育所は、札内青葉保育所内「ひだまり」となります。(町内1か所のみ)

(指定管理者 社会福祉法人 温真会 による管理運営)

  • 住所:幕別町札内青葉町310番地36
  • 電話:0155-56-4131

保育時間等について

 札内青葉保育所の休所日以外は保育を行っています。

  • 時間:午前7時30分から午後6時30分までの間で、保育所と打ち合わせて決定します。
  • 日数:原則7日以内(実施保育所の休所日を含みます。)
  • 定員:1日4人

利用料について

  病後児保育事業の利用については、無料となります。
  ただし、利用に必要となる医師が記入する幕別町病後児保育利用連絡書の発行には、診療情報提供料が発生する場合があります。

実際に利用するには

  1. 原則として、前日までに札内青葉保育所へ仮予約をしていただきます。
  2. 仮予約が取れたら、かかりつけ医に「幕別町病後児保育利用連絡書」を記入してもらい、あわせて「幕別町病後児保育利用申請書」に記入し、書類の準備をします。
  3. 再度、札内青葉保育所へ連絡して、予約を確定します。
  4. 利用する当日に「病後児保育「ひだまり」利用連絡票」に記入し、必要なものを持って札内青葉保育所へ行きます。
  5. 病後児室専属の看護師が、お子さんの状態を確認して保育を開始します。
  • 「幕別町病後児保育利用連絡書」「幕別町病後児保育利用申請書」「病後児保育「ひだまり」利用連絡票」は各認可保育所に備えてあります。
  • 昼食は、札内青葉保育所で提供されるものと同じものとなりますので、医師と相談して別の食事が必要な場合は、ご家庭で準備してください。
  • 病後児保育に必要なものは、予約の段階で必ず札内青葉保育所に確認してください。
  • その日の、お子さんの状態によっては、保育をお受けできない場合がありますので、ご了承下さい。
  • その他ご不明な点があれば、札内青葉保育所又はこども課保育係(TEL 0155-54-6621)まで、ご連絡下さい。

このページの担当は

こども課 保育係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6621 / FAX 0155-55-3008
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩

不動産査定比較

バイク

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ



ページのトップに戻る ▲