ホーム > 観光・産業・ビジネス > 農業 > 畜産 > 後継牛確保対策事業

後継牛確保対策事業

 目的

雌雄判別精液の購入を助成することにより、生乳増産に向けた体制強化を図り、もって本町の畜産業の振興に資することを目的とする。

 

要件等

  • 雌雄判別精液の使用本数は、1頭当たり3本、1戸当たり各年度当初における18ヶ月齢以下の育成牛飼養頭数の2分の1を限度とする。
  • 購入経費(消費税を除く)に対し、町が4分の1、JAが4分の1の割合で補助金を交付する。
  • 補助金額の上限は、雌雄判別精液1本当たり2,500円とする。(畜産クラスター事業の補助を受ける場合は1,250円)
  • 事業実施者は事業着手時における育成牛飼養頭数よりも、2年後の育成牛頭数が増加していること。

このページの担当は

農林課 畜産係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6605 / FAX 0155-54-5564
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩

不動産査定比較

バイク

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ



ページのトップに戻る ▲