ホーム > 町政情報 > 町の概要 > 幕別町応援大使 > 幕別町応援大使

幕別町応援大使

幕別町応援大使とは

 町の魅力を国内外に広くPRしてもらい、町の知名度およびイメージの向上を図るため、町にゆかりのあるスポーツ・文化・芸術等の分野で活躍している方を応援大使に委嘱しています。

主な活動内容

  1. 広く町内外に町の魅力を紹介し、知名度向上に寄与すること
  2. 町の要請に基づきイベント等への協力および支援を行うこと
  3. 町の知名度・イメージの向上に資する提言を行うこと

幕別町応援大使公式SNS

 町では、応援大使の皆さんの活動を紹介・PRするSNSを開設していますので、是非フォローをお願いします!

幕別町応援大使の皆さん

 町では、応援大使の皆さんを町全体で応援する機運を更に向上させることを目的に、応援大使の皆さんのSNSを町ホームページからリンクさせています。ぜひ、応援大使の皆さんをフォローしましょう!

山本 幸平(やまもと こうへい)さん 【マウンテンバイク(MTB)選手】

 委嘱日:平成29年5月12日 生年月:昭和60年8月
 北海道足寄町生まれ、幕別町育ち。札内北小学校、札内東中学校卒業。
 幼少の頃からマウンテンバイク(MTB)を始め、小学4年で初レースを経験する。
 2008年に北京オリンピックへ出場後、ロンドン、リオ、東京と4大会連続でマウンテンバイク競技日本代表としてオリンピックに出場。
 マウンテンバイクアジア選手権で通算10勝を上げる。
 2020年7月にスポーツ・⾷・楽しめる空間をテーマとした「Yamamoto Athlete Farm」を設立。
 2022年1月に自身のマウンテンバイクチーム「Athlete Farm SPECIALIZED」を設立。
 現在は、世界で戦える後進を育てるべく、マウンテンバイク競技の普及活動に取り組んでいる。

Facebook https://www.facebook.com/kohey0820
Twitter https://twitter.com/KOHEY55
Instagram https://www.instagram.com/kohey55
ホームページ https://www.athletefarm.net

福島 千里(ふくしま ちさと)さん 【元陸上短距離選手】

 委嘱日:平成29年5月12日 生年月:昭和63年6月
 北海道幕別町出身。糠内小学校、糠内中学校卒業。
 小学3年で陸上競技少年団に入団し、本格的に陸上競技を始める。
 帯広南商業高校卒業後は北海道ハイテクノロジー専門学校に進学し、卒業後は同校の職員になり競技を続ける。
 2008年に北京オリンピックへ出場後、ロンドン、リオデジャネイロと3大会連続で陸上女子日本代表としてオリンピックに出場。
 2016年のリオデジャネイロオリンピック終了後、北海道ハイテクACを退職。
 2018年にセイコーホールディングスに入社し、アスリート社員として活動を続けていたが、2022年1月に現役引退を表明。
 現在は「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」として次世代育成に取り組んでいる。
 陸上女子100m、200m日本記録保持者。

Twitter https://twitter.com/fukushima0627
Instagram https://www.instagram.com/chisatofukushima0627
ホームページ https://www.seiko.co.jp/sports_music/sports/team_seiko/athlete/fukushima.html(セイコー)

桑井 亜乃(くわい あの)さん 【元ラグビーフットボール選手】

 委嘱日:平成29年5月12日 生年月:平成元年10月
 北海道幕別町出身。幕別小学校、幕別中学校卒業。
 幼少の頃に陸上、アイスホッケーなどを始め、帯広農業高校2年の時には円盤投げで国体5位入賞を果たす。
 大学の授業でラグビーと出会い、大学の先生から勧められたこと、リオデジャネイロオリンピックで7人制ラグビーが新種目に採用されたことが後押しし、2012年4月に本格的にラグビーを始める。同年8月には日本代表合宿に初召集、その1年後には日本代表に選ばれる。
 2016年のリオデジャネイロオリンピックに7人制女子ラグビー日本代表として出場。オリンピックの7人制女子ラグビーで日本人初トライを決める。
 2021年8月に現役引退を表明。現在は、レフェリーとして2024年パリオリンピックへ出場することを目指している。

Facebook https://www.facebook.com/ano.kuwai
Twitter https://twitter.com/ano1020
Instagram https://www.instagram.com/ano.1020

髙木 菜那(たかぎ なな)さん 【元スピードスケート選手】

 委嘱日:平成29年9月7日 生年月:平成4年7月
 北海道幕別町出身。札内北小学校、札内中学校卒業。
 兄の影響で幼少期にスケートを始め、札内北小学校入学後から本格的に競技を習い始める。
 帯広南商業高校では2010年1月の国体少年少女1,500mで優勝し、卒業後も競技を続ける。
 2014年のソチオリンピックに初めて出場。
 2018年の平昌オリンピックでは、女子チームパシュートとマススタートで2つの金メダルを獲得。
 2022年の北京オリンピックでは、女子チームパシュートで銀メダルを獲得。
 2022年4月に現役引退を表明。現在は、スポーツ発展のための講演活動等に取り組んでいる。
 女子チームパシュート世界記録保持者。

Facebook https://www.facebook.com/nana.takagi.12
Twitter https://twitter.com/naaaana777
Instagram https://www.instagram.com/nana.takagi
ホームページ https://nana-takagi.com

髙木 美帆(たかぎ みほ)さん 【スピードスケート選手】

 委嘱日:平成29年9月13日 生年月:平成6年5月
 北海道幕別町出身。札内北小学校、札内中学校卒業。TOKIOインカラミ所属。
 兄や姉の影響で5歳からスケートを始める。中学校ではサッカー部に所属し、ナショナルトレセン女子U-15にも選ばれるなど多彩な才能を発揮。
 2010年のバンクーバーオリンピックに日本スピードスケート史上最年少の中学生で初めて出場。
 2018年の平昌オリンピックでは、女子チームパシュートで金メダル、スピードスケート1,500mで銀メダル、1,000mで銅メダルを獲得。
 2022年の北京オリンピックでは、女子スピードスケート1,000mで金メダル、500m、1,500m、チームパシュートで3つの銀メダルを獲得。
 女子スピードスケート1,500m、チームパシュート世界記録保持者。

Twitter https://twitter.com/mihotakagi_ss
Instagram https://www.instagram.com/miho.t_ss
ホームページ https://www.ifing.com/player/takagi-miho/(TOKIOインカラミ)

圓道 将良(えんどう まさよし)さん 【サッカー選手】

 委嘱日:令和5年3月24日 生年月:平成11年10月
 北海道幕別町出身。白人小学校、札内東中学校卒業。鹿児島ユナイテッドFC所属。
 小学校では白人サッカー少年団、中学校では札内東中学校サッカー部に所属し、旭川実業高校へ進学。
 2017年、高校3年の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)で旭川実業高校をベスト8まで導き、同大会の優秀選手に選出される。また同年の全国高等学校サッカー選手権大会でも優秀選手に選出され、その年のU-18日本代表候補となる。
 2018年、桐蔭横浜大学へ進学し、大学3年の時に関東C・北信越選抜メンバーに選出される。
 2022年春、大学を卒業し日本プロサッカーリーグ(J3リーグ)鹿児島ユナイテッドFCに入団。

Twitter https://twitter.com/291026endo
Instagram https://www.instagram.com/masayoshi3213
ホームページ https://kufc.co.jp/players/top/endo/(鹿児島ユナイテッドFC)

三浦 憂(みうら ゆう)さん 【フットサル選手】

みうらゆう

 委嘱日:令和5年3月24日 生年月:平成10年8月
 北海道幕別町出身。札内南小学校、札内中学校卒業。バサジィ大分所属。
 兄と姉の影響で小学校からサッカーを始め、小学2年までは札内WEED、3年から5年はプログレッソ十勝、6年は幕別札内FCに所属。中学3年間は帯北アンビシャスに所属し、帯広北高校へ進学。
 高校の部活引退後、フットサルのFリーグに加盟しているエスポラーダ北海道の練習に参加するようになり、2017年1月、エスポラーダ北海道の特別指定選手に選ばれ、高校生でFリーグデビューを果たす。
 2017年春、高校を卒業し日本フットサルリーグ(F1リーグ)エスポラーダ北海道に入団。2022年バサジィ大分に移籍。2024年エスポラーダ北海道に復帰。

Twitter https://twitter.com/m_kita88yu
Instagram https://www.instagram.com/miura_yuu.official
ホームページ https://espolada.com(エスポラーダ北海道)

蛯原 杏奈(えびはら あんな)さん 【競輪選手】

 委嘱日:令和5年4月20日 生年月:平成11年8月
 北海道幕別町忠類出身。忠類小学校、忠類中学校卒業。日本競輪選手会北海道支部所属。
 小学校入学からスピードスケート競技をしていたが、兄の影響で小学3年頃からスキーに転向し、高校は青森県の柴田女子高校へ進学。
 高校2年で全国高等学校選抜スキー大会のスーパー大回転で優勝したが、3年の時に左膝前十字靱帯を断裂。
 2020年に十勝管内出身の女性では初となる日本競輪選手養成所の入所試験に合格し、2021年7月、ガールズケイリンに出場しプロデビューを果たす。

Twitter https://twitter.com/ebianna15573
Instagram https://www.instagram.com/ebianna15573
ホームページ http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=015573(公益財団法人JKA)

三輪 準也(みわ じゅんや)さん 【スピードスケート選手】

 委嘱日:令和5年5月2日 生年月:平成5年7月
 北海道幕別町出身。札内北小学校、札内中学校卒業。フィットラボ所属。
 中学では全日本中学校スケート大会の500mと1,000mで優勝し、白樺学園高校では全国高等学校スケート選手権大会で1年の時に1,000m、2年の時に1,500mで優勝。3年の時には2,000mリレーのアンカーを務め日本新記録(当時)で優勝。進学した法政大学では全日本スピードスケート選手権大会で総合優勝する。
 2016年4月に株式会社フィットラボに営業職として入社するが、代表にスケートへの想いを伝えたところ、応援したいとして広報スケート部が創設され競技を続ける。
 2018年、2019年のシーズンにワールドカップに出場し、現在は選手兼コーチとして活動している。

Twitter https://twitter.com/junyaaaaa0706
Instagram https://www.instagram.com/junyamiwa
ホームページ https://www.fit-labo.jp/archives/social_cat/skate/(フィットラボ)

稲川 くるみ(いながわ くるみ)さん 【スピードスケート選手】

 委嘱日:令和5年5月2日 生年月:平成11年4月
 北海道幕別町出身。白人小学校、札内東中学校卒業。光文堂インターナショナル所属。
 帯広三条高校2年、3年と全国高等学校スケート選手権大会の500mで2連覇し、3年の時には世界ジュニアスピードスケート選手権大会の500mで優勝。進学した大東文化大学では1年からワールドカップに出場し、2022年春に大学を卒業。
 現在は光文堂インターナショナルに所属し、日本スケート連盟のナショナル強化選手に選出されている。

Instagram https://www.instagram.com/kurumi_ngw

久保 向希(くぼ こうき)さん 【スピードスケート選手】

 委嘱日:令和5年5月2日 生年月:平成11年9月
 北海道幕別町出身。白人小学校、札内東中学校卒業。オカモトグループ所属。
 白樺学園高校2年、3年と全国高等学校スケート選手権大会の1,000mで2連覇し、2年の時には世界ジュニアスピードスケート選手権大会の500mで優勝。3年の時には同大会の1,000mを日本新記録(当時)で優勝。
 2018年春、高校を卒業し日本電産サンキョーに所属。2020年には四大陸スピードスケート選手権の1,000mで優勝。
 2022年3月、日本電産サンキョーのスケート部が廃部になり、2022年7月からはオカモトグループに所属している。

Twitter https://twitter.com/BaseballSpsk
Instagram https://www.instagram.com/spskbaseball12321

逢坂 芳郎(おおさか よしろう)さん 【映像作家】

 委嘱日:令和5年5月8日
 北海道幕別町出身。幕別小学校、幕別中学校卒業。
 帯広柏葉高校時代に映画監督に憧れ、映画制作を本場で学ぶためアメリカのカリフォルニア州立大学フラトン校へ進学し、その後、映画学部のあるニューヨーク市立大学ブルックリン校に編入。卒業と同時に帰国する。
 2015年に自主制作映画の「マイ・リトル・ガイドブック」が第10回札幌国際短編映画祭で北海道監督賞を受賞、2017年には「マイ・リトル・ガイドブック ICE」が第12回札幌国際短編映画祭で北海道監督賞を受賞。
 2021年、カンボジアで撮影した「リトル・サーカス」が第24回上海国際映画祭の短編部門で入選、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では優秀賞、観客賞を受賞したほか、海外10カ国の映画祭に入選。
 2022年、十勝をベースに映画制作をするため、帯広市へ移住。

Facebook https://www.facebook.com/yoshiro.osaka
Twitter https://twitter.com/goatcoin
Instagram https://www.instagram.com/yoshiroosaka
ホームページ https://yoshiroosaka.onfabrik.com

中村 大史(なかむら ひろふみ)さん 【音楽家、作曲家】

 委嘱日:令和5年5月8日 生年月:昭和60年7月
 北海道本別町生まれ、幕別町育ち。札内南小学校、札内中学校卒業。
 帯広柏葉高校卒業まで陸上競技とスピードスケートに打ち込む。その後、中学校卒業までピアノを習っていたこともあり、音楽に関する道を志して進学した東京芸術大学でアイルランド伝統音楽と出会う。
 幼少期より親しんだピアノや、その後出会ったギター、アコーディオン、マンドリン、ハープ等様々な楽器を用いて、アイルランド伝統音楽のみならず、映像作品やコンテンポラリーダンス、演劇などの作曲や演奏を多く手がけている。
 これまでアイルランド音楽バンド「tricolor(トリコロール)」「John John Festival」「O'Jizo」等のメンバーとしてアメリカ、カナダ、オーストラリア、スペイン、台湾等でのケルト音楽フェスティバルに出演。現在も国内外で活躍する一方、2014年にイスラエルにてコンテンポラリーダンス作品「WALLFLOWER」(Inbal Pinto & Avshalom Pollak Dance Company)の音楽を現地滞在制作&演奏出演(2015年、2016年再演)、Hirofumi Nakamura名義での音源作品リリース、ミュージカル等の舞台出演、様々なシーンでのワークショップ講師、NHK大河ドラマ「西郷どん」や連続テレビ小説「マッサン」「らんまん」の劇中音楽にも参加するなど、活動は多岐に渡る。

Facebook https://www.facebook.com/hirofumi.nakamura.annie
Twitter https://twitter.com/hirofuminakamur
Instagram https://www.instagram.com/hirofuminakamura
ホームページ https://hirofuminakamura.com

加藤 かおり(かとう かおり)さん 【現代アート作家】

 委嘱日:令和5年5月8日
 北海道幕別町忠類出身。忠類小学校、忠類中学校卒業。
 帯広北高校2年の時にオーストラリアのメルボルンへ留学し、メルボルン大学Victorian College of the Arts(VCA)ドローイング学科入学。紙を折り込んで作る立体作品やドレス、インスタレーションを手がけるようになる。
 2008年にメルボルンで初個展を開催し、2013年には帯広市で国内初個展を開催。
 日本のほかラトビアやカナダなど、国内外で個展やグループ展、ファッションウィークにも参加し、2022年にはオーストラリアで開催された国際的なアートコンテスト「Paper on Skin Wearable Paper Art Tasmania」で最高賞受賞。同年、阿寒湖温泉リゾートホテル「あかん遊久の里 鶴雅」に作品を収蔵。
 2021年、 日豪若手対話(AJYD)代表選出。 日豪関係に貢献するアーティストとして参加。

Facebook https://www.facebook.com/kaori.visualart
Twitter https://twitter.com/KaoriKAto7
Instagram https://www.instagram.com/kaori_kato_artist
ホームページ https://kaorikato.com

河村 美侑(かわむら みゆ)さん 【バスケットボール選手】

 委嘱日:令和5年5月8日 生年日:平成10年5月
 北海道幕別町出身。白人小学校、札内東中学校卒業。
 中学時代に北海道選抜の主将として都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場し、チームを全国3位に導く。札幌山の手高校時代はインターハイで3位、国体にも北海道チームとして出場し3位入賞。
 専修大学に進学後も主力として活躍し、2021年に大学を卒業後はWリーグの新潟アルビレックスBBラビッツに入団。

Twitter https://twitter.com/miyu_vv_0512
Instagram https://www.instagram.com/miyuuuu0512
ホームページ https://www.wjbl.org/player/?pi=4534

植竹 勇太(うえたけ ゆうた)さん 【ゴルフ選手】

 委嘱日:令和5年4月24日 生年日:平成7年10月
 北海道幕別町出身。白人小学校、札内東中学校卒業。
 父の影響で小学校4年生からゴルフを始め、帯広柏葉高校では多くの大会で優秀な成績を残す。
 その後、ゴルフの名門である東北福祉大学へ進学し、国体で個人・団体のダブル優勝を果たす。
 平成29年にプロ転向し、セガサミーホールディングス所属になる。プロ転向後は、各種大会で優勝争いを演じ、2022年度には賞金ランク37位を記録し、有力選手として注目されている。

Instagram https://www.instagram.com/uetake.yuta
ホームページ https://www.segasammy.co.jp/ja/sports/athlete/uetake-yuta/(セガサミーホールディングス)

幕別町応援大使を活用した賞状等のデータ使用について

賞状用紙

 幕別町応援大使の更なる魅力発信・PR・認知度向上を図ることを目的に幕別町応援大使デザインの賞状用紙を作成しました。
 文化・芸術・スポーツ等に関するイベントなどを開催する幕別町内の団体や、幕別町内を開催地として実施する団体には、申請によりデザインデータを提供します。詳しくは、フライヤーおよび要綱をご覧ください。
 申請・お問合せは企画総務部政策推進課(0155-54-6610)まで、お願いします。

これまでの活動

令和4年度

  • 応援大使と町のPRを目的にポスター及びメモ帳を作成しました。
    ポスターは役場庁舎や各支所、体育施設等に掲示してあり、応援大使5人と並んで写真を撮ることのできるデザインにしてあります。
    メモ帳は応援大使それぞれ40枚ずつで1冊200枚綴りとなっております。
    また、応援大使5人の写真変更に併せて、職員用名刺のデザインを変更しました。

 

令和2年度

  • ミニのぼりのデザインを変更しました。

令和元年度

  • クリアファイルのデザインを変更しました。

平成30年度

  • 応援大使と町のPRを目的に缶バッチを作成しました。

  

  • 町のイメージ向上や応援大使の浸透、町全体で選手を応援する機運の向上等を目的にミニのぼりとステッカーを作成しました。ミニのぼりは、町商工会会員や賛助会員となっている飲食・小売・観光・金融事業者に対して、カウンター等に配置を依頼し、ステッカーは、観光パンフレットに同封し、各種イベント等で配布します。

       

平成29年度

  • 応援大使の皆さんを委嘱し、応援大使事業がスタートしました。

            

  • 応援大使の皆さんの名刺を作成し、活動地や大会会場などで配ってもらい、町のPRをお願いしています。

       

                              

  • 応援大使と町のPRを目的にクリアファイルを作成しました。

            

このページの担当は

政策推進課 政策推進担当
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6610 / FAX 0155-54-3727
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分まで〔12月29日から1月3日までを除く〕)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

十勝の杜病院

VOITURE

着物堂

CARHACK

古銭鑑定団

ゴルフの学校

弁護士法人アズバーズ

PropertyBank

ハレコンテナ

W-ENDLESS

家系図制作のファミリーリレー行政書士事務所

きしゃば会計事務所

会社設立トータルサポート鹿児島

訪問介護事業所 加算獲得・運用サポート

介護事業専門情報サイト けあタスケル

介護事業の承継・M&A カイゴフ

横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

東京御嶽山呼吸器内科・内科クリニック

海外FXカレッジ

グランドネクスト不動産

九州家庭教師協会

広告枠

広告枠

広告枠

広告枠

広告枠



ページのトップに戻る ▲