ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > ナウマン象記念館 > 忠類ナウマン象記念館

忠類ナウマン象記念館

歴史はドラマチック!北海道にも象がいた!!

The Churui Museum of Naumann's Elephant

忠類ナウマン象記念館

 忠類でナウマン象の化石が発見されたことを記念して建てられた当館では、その発見から発掘までの感動をパネルや映像、復元模型等を用いて紹介しています。

多くの発見がそうであるように、忠類ナウマン象化石は1969年(昭和44年)7月に忠類晩成の農道工事現場で偶然に発見されました。発見から3度の発掘調査を行い、全骨格の70~80%にあたる47個の化石骨が発掘されました。ほぼ1頭分の化石骨が見つかるのはとてもめずらしく、忠類で発掘されたナウマン象化石の復元骨格は22体複製され、日本のほか、海外の博物館にも展示されています。
 ナウマン象化石が発掘された跡地には、記念碑のほか発掘の際の産状を模型にしたパネルなどが設置されています。

ナウマン象化石発掘跡地を
Google Maps(グーグルマップ)の地図で見る

大迫力の復元骨格模型

ナウマン象親子の生体復元模型

ナウマン象発掘記念碑

ナウマン象発掘跡地

当記念館は、上からみるとナウマン象の姿をイメージしたデザインとなっており、中央の丸いドームの部分が胴体、四隅の展示室などが足、正面入口が頭部、玉石を埋め込んだ外壁は象の肌、『時の道』とよばれる入口までの長い歩道は鼻と牙をイメージしています。(第1回北海道建築賞受賞)

--------------------------------------------------------------------------------
『時の道』…駐車場から建物まで続く約100mの歩道の両側の円柱に、古生物の誕生から人類までの進化を記した銅板がついており、現代空間から太古の世界へのタイムトンネルをイメージしています。

上から見たナウマン象記念館。象に見えますか?

入館のご案内
開館時間  午前9時~午後5時※当館は、冬期間も通常どおり営業しております。
休 館 日 ・火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)

・年末年始(12月29日~翌年1月3日)
駐 車 場  無 料 (約100台収容可)
入館料
区  分 入館料
個 人 一   般 300円
小・中学生 200円
団 体
(10名様以上)
一   般 200円
高  校  生 150円
小・中学生 100円

太古のロマンを感じさせる外観

象の肌をイメージした外壁

忠類ナウマン象最後の姿を
イメージしたジオラマ

イベント

忠類ナウマン象化石骨発見50周年記念事業

 1969(昭和44)年7月26日道路工事現場で作業をしていた方のツルハシにカチンとあたったわらじのような石の塊、そこで測量作業をしていた少年が「これは象の歯だ」と断言した一言が切っ掛けとなり、翌1970(昭和45)年6月に本体発掘調査が行われ日本で初めてナウマン象一頭分の化石骨発掘につながった。また、世界においてもナウマン象の復元骨格が一体も無かったことから「世紀の発掘」とも言われた。
 この発見により当時の忠類村はナウマン象の故郷として全国的にも有名となりナウマン象にちなんだ商品や団体、グループの名称に「ナウマン」を使用するなど住民自らの手で地域の魅力を発信していた。
 この貴重な発見と発掘の軌跡を後世に残すため村民の願いであった忠類ナウマン象記念館が1988(昭和63)年8月にオープンし地域の文化と観光振興には無くてはならない存在となっている。
 その間においても学術的な研究は継続されており、ナウマン象の生存していた年代や年齢の新たな判明、2007(平成19年)年には忠類ナウマン象化石骨発見40周年事業で行ったナウマン象発掘跡地での発掘調査において足跡化石など貴重な発見も報告され、2008年には、1970(昭和45年)年に発掘された臼歯の中に別のマンモス象の臼歯が1点含まれていることが判明した。現在、ナウマン象とマンモス象の両方が発見されているのは、日本では、忠類と北広島市だけである。
 このように世紀の発掘と言われた忠類ナウマン象の化石骨が発見されて50年となることから、当時を顧み、忠類ナウマン象の学術的価値と歴史を再認識しさらなる文化と地域振興を目的として実施する。

【事業内容】

(1)特別展
  期 間:令和元年10月5日(土)~11月4日(月・祝) ※期間中休館日無
  会 場:忠類ナウマン象記念館 ※入館案内 開館時間9時~17時・入館料有・特別展無料
  テーマ:「忠類で発見された化石たち~忠類ナウマン象化石の里帰り」

(2)記念講演(2回開催)
 ①日 時:10月27日(日)開場:9時 開演:10時~
  会 場:忠類コミニティセンター大ホール ※入場無料
  テーマ1:「1969奇跡の夏~生涯の思い出」
  講 師:北海道教育大学名誉教授 木村 方一 氏
  テーマ2:「ゾウが来た道平成版ミャンマーからきたゾウ達」
  講 師:札幌市円山動物園 飼育展示課調整担当係長 朝倉 卓也 氏

 ②日 時:11月2日(土)開場:18時 開演:18時30分~
  会 場:忠類ナウマン象記念館 ※入場無料
  テーマ:「忠類に生き、忠類によみがえったナウマンゾウ」
  講 師:滋賀県琵琶湖博物館 館長 高橋 啓一 氏

(3)発掘調査
  期 間:10月29日(火)~11月2日(土)
  場 所:忠類ナウマン象化石発掘地
  内 容:ナウマンゾウの足跡化石の発掘調査 他
     :記録映像撮影・思い出の発掘体験 他

(4)ナウマン象の故郷応援―忠類出身芸術家展
  期 間:7月29日(月)~8月26日(月) 9時~17時
          ※最終日 26日は、15時まで
          ※期間中休館日無
  会 場:忠類ナウマン象記念館
  個 展:Fold 加藤かおり 展

(5)バイオリンコンサート 「歴史語りと時代の音楽」
  日 時:8月26日(月) 開場 18時30分 開演 19時
  開 場:ナウマン象記念館  ※入館無料
  演 奏:バイオリニスト 杉田知子 氏

◆近隣施設のご案内
 

道の駅・忠類

パン工房パオパオでは焼きたての「ゆり根あんパン」、ぎっしりクリームの詰まった「特製シュークリーム」が人気です。まろやかな味わいが特徴の「ゆり根入りコーヒー」はお土産用に最適です。
ここにしかない!?わさびソフトのほか、日替わりで楽しめるアイスもお薦めです。

十勝ナウマン温泉「ホテルアルコ

アルカリ性単純泉で肌がツルツルになる源泉100%の美人の湯。サウナや露天風呂、ジェットバスなど充実した施設が人気の秘密。併設する「レストラン郷里ちゅうるい」には、ゆり根かき揚げ丼やチーズ豚丼、わさびアイスなど、ここでしか味わえない料理があります。南十勝をゆっくりと楽しむなら、ホテルアルコに宿泊して周遊すると便利です。

ナウマン公園

(噴水・アスレチック・パークゴルフ場・キャンプ場)
暑い日には噴水の中で水遊びができるおすすめスポットです。パークゴルフ場やバーベキューハウスもあり家族みんなでくつろげる公園です。公園内のキャンプ場はホテルアルコにも近く、晴れた日には日高山脈の絶景も一望できます。

白銀台スキー場

南十勝で唯一のゲレンデでクラスを選ばずスキー・スノーボードからソリ遊びまで楽しめ、眺望もよいスキー場です。ペアリフトにナイター照明を備え、レストランや休憩所のあるスキー場ロッジのほか宿泊も可能な宿泊ロッジ(5棟)が併設されています。

丸山展望台

幕末の頃に海賊が財宝や砂金を隠したという埋蔵金伝説のある丸山の頂上にある展望台では、 広々とした北海道のイメージそのものの雄大な風景を気軽に楽しむことができます。

道の駅・忠類

十勝ナウマン温泉「ホテルアルコ」

丸山展望台から見た忠類市街

隣接するナウマン公園

お問い合わせ   

〒089-1701 北海道中川郡幕別町忠類白銀町383番地1

幕別町忠類ナウマン象記念館 TEL・FAX (01558)-8-2826

忠類ナウマン象記念館をGoogle Maps(グーグルマップ)の地図で見る

このページの担当は

教育委員会 生涯学習課 生涯学習係
〒089-1707 北海道中川郡幕別町忠類錦町439番地1
電話 01558-8-2201 (土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

葉酸ハピネス

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩

土地ハック

不動産査定比較

バイク

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

おすすめの電力会社ランキング!安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ



ページのトップに戻る ▲