ホーム > 防災・消防 > 幕別消防署 > 生活安心情報

設置しましたか?住宅用火災警報器

平成20年6月1日から、すべての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられています。まだ設置されていない住宅には、早急に設置が必要です。

設置について

設置場所は寝室・階段です。
設置位置は天井や壁に取付けます。
とかち広域消防事務組合火災予防条例では、台所についても設置に努めるものとなっています。

 寝室:普段寝室に使われている部屋
     子供部屋・老人の居室なども、寝室に使われている場合は対象となります。
 階段:寝室がある階(屋外に避難できる出口がある階は除く)の階段最上部に設置する。

※自動火災報知設備やスプリンクラー設備がすでに設置されている部屋等は、住宅用火災警報器の設置は必要ありません。

設置場所

 

 

設置位置

天井に設置する場合

              

壁から60cm以上離れた位置に設置する                   はりから60cm以上離れた位置に設置する

 換気口等の空気吹出口等から150センチ以上離れた位置に設置する

壁に設置する場合

 .

 天井から15cm以上50cm以内の位置にある壁に設置

検定マークのついた製品を選びましょう

■平成26年4月1日以降、住宅用火災警報器には『合格の表示(型式適合検定に合格したものである旨の表示)』が記されるようになりました。それまでに販売されていた住宅用火災警報器には、下図左のような「NSマーク」が表示されているものが大部分でしたが、住宅用火災警報器が国家検定品となったため、現在は下図右のような「合格の表示」が記されています。

NSマーク

設置後は維持管理をしましょう

■警報器にホコリが付くと火災を感知しにくくなります。汚れが目立ったら、乾いた布でふき取りましょう。
■作動確認はボタンの押したり、ひもがついているタイプのものは、ひもを引いて月に1回行ってください。詳しくは製品の取扱説明書を確認してください。
■電池切れの時には、音声でお知らせするか警報音が鳴りますので、新しい電池に交換してください。
■住宅用火災警報器本体の寿命は、おおむね10年です。設置後10年が経過する前に新しい警報器に交換してください。
 

こんな事例に気をつけましょう

必要な性能を満たしていない製品を廉価で販売する。
自宅訪問の上、「点検も義務付けられている」と事実を偽り点検を行い、手数料を要求したり、交換期限がきていないのに交換を勧め、販売する。
消防職員のような服装、あるいは「消防署の方から来ました。」などと言って消防職員に成りすまし、販売する。
 (消防職員が住宅を訪問、または電話などで販売することは一切ありません。)

【幕別消防署】                       
〒089-0604 幕別町錦町90番地          
TEL 0155(54)2434  FAX 0155(54)3193   
【札内支署】                              
〒089-0543 幕別町札内中央町319番地の9
TEL 0155(56)2419  FAX 0155(56)5298    
【忠類支署】                      
〒089-1705 幕別町忠類本町112番地   
TEL 01558(8)2250  FAX 01558(8)3450 



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

鉄道模型買取

土地ハック

不動産査定比較

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

おすすめの電力会社ランキング!安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ

ジムちゃんねる

美容 資格

車の裏話



ページのトップに戻る ▲