ホーム > 町政情報 > 都市計画 > 郊外地での建築にご注意ください

郊外地での建築にご注意ください

 郊外地で建物の建築を行う場合、各種法律の手続きが必要になる場合があります。

 担当課が以下のとおり複数となっていますが、建築が可能か、手続きが必要か、必ず事前にご相談ください。

都市計画課計画係 

【1】その土地は、市街化調整区域ではありませんか?

【2】市街化調整区域では、建物を建てることが規制されています。

【3】建築が可能な場合、都市計画法の手続きが必要となります。

【4】農地法や農業振興地域に係る手続きが必要な場合は事前に十分な調整を図りながら進める必要があります。

【5】建築が可能か、都市計画法の手続きが必要か、必ず事前にご相談ください。

 連絡先:都市計画課直通 54-6623

zousei

都市計画課建築係

【1】建物の建築(新築、増築等)の際に、規模や構 造、用途によって建築 確認申請が必要になる場合があります。

【2】都市計画区域内では、建物の敷地が建築基準法で認められた道路に接していなければなりません。(接道義務)

【3】都市計画法の手続きが必要な場合は、建築確認申請の前に完了させる必要があります。

【4】建築確認申請が必要か、接道義務について、必ず事前にご相談ください。

 連絡先:都市計画課直通 54-6623

 

 

 

農林課農政係

【1】農業振興地域制度により、農業のために利用していくべき土地を農用地区域として、以下の用途に指定し、指定した用途以外への利用を規制しています。  

 1 農地

 2 採草放牧地

 3 混牧林地

 4 農業用施設用地

【2】建築の際には、以下の手続きが必要な場合があります。

 1 用途区分の変更

 2 農用地区域からの除外(処理期間が3ヶ月程度必要な場合があります)

【3】手続きが必要か、必ず事前にご相談ください。

 連絡先:農林課直通 54-6605

 

 

農業委員会

【1】郊外地での建築の際には、農地法の手続きが必要な場合があります。

【2】現況が農地の場合

 1 農地法第4条転用(自己転用)

 2 農地法第5条転用(権利の移転を伴う転用)

 ※処理期間が3ヶ月程度必要です。

【3】登記地目が農地で現況が非農地の場合

 1 現況証明願(処理期間が1ヶ月程度必要です)

【4】農林課の農用地区域からの除外と併せて手続きする場合は、許可が遅れる場合があります。

【5】手続きが必要か、必ず事前にご相談ください。    

連絡先:農業委員会直通 54-6625

                                                nouti

このページの担当は

都市計画課 計画係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6623(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

鉄道模型買取

土地ハック

不動産査定比較

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

おすすめの電力会社ランキング!安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ

ジムちゃんねる

美容 資格

車の裏話



ページのトップに戻る ▲