ホーム > 観光・産業・ビジネス > 農業 > 農業委員会 > 農地パトロール(利用状況調査)の実施について

農地パトロール(利用状況調査)の実施について

 農業委員会では、(1)地域の農地利用の確認、(2)遊休農地の実態把握と発生防止・解消、(3)違反転用発生防止・早期発見を目的に毎年、町内全域で「農地パトロール(利用状況調査)」を実施します。(農地法第30条)

調査期間

  • 8月から9月末にかけて実施します。
  • 調査の方法は、地区の農業委員や担当職員が農地を見回り、耕作の状況などを見て「遊休農地(荒廃農地)」になっているかどうかを判断します。
    皆様のご理解とご協力をお願いします。

遊休農地とは

  • 1年以上にわたって耕作されておらず、今後も耕作がされていないと見込まれる農地。
  • 周辺の農地と比べて著しく低利用となっている農地。

なせ調査が必要なの

 農地は一度耕作をやめて数年経てば、荒れてしまい耕作できる状態に戻すのに、たいへんな手間と労力がかかります。
 農地の適正な管理を怠ると、雑草の繁茂による害虫等の温床となるだけでなく、粗大ゴミや産業廃棄物等の不法投棄場所となったり、悪臭や汚水の発生源となり、また、火災発生の原因となるなど、近隣農業者や周辺住民に大きな迷惑となる可能性がありますので、農地の適正な管理をお願します。

このページの担当は

農業委員会事務局
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6625(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

鉄道模型買取

土地ハック

不動産査定比較

資金調達BANK

クレジットカード

おすすめの電力会社ランキング!安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ

ジムちゃんねる

美容 資格

車の裏話



ページのトップに戻る ▲