ホーム > 健康・福祉・子育て > 介護 > 介護保険のしくみ

介護保険のしくみ


介護保険制度は、国民の共同連帯の理念に基づき、40歳以上の方全員が保険料を納めて、老後の最大不安要因である介護を社会全体で支えるしくみです。


介護保険に加入される方

 40歳以上になると介護保険の加入者(被保険者)となります。
 介護サービスを利用した場合、利用者負担は、原則として費用の1割となります。

65歳以上の方
(第1号被保険者)
医療保険に加入している
40歳~64歳の方
(第2号被保険者)
保険料の納め方 ・年金からの天引き 【特別徴収】 
・納付書(口座振替)による納付 【普通徴収】
加入している医療保険に介護保険分を
加算する形で、医療保険と一括で納付
介護サービスを
利用できる対象者
・介護が必要であると「認定」を受けた方
     (要介護・要支援認定者)
・介護保険で対象となる病気(特定疾病)が原因で、
 介護が必要であると「認定」を受けた方
※特定疾病
・筋萎縮性側索硬化症   ・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
・後縦靭帯骨化症      ・脳血管疾患
・骨折を伴う骨粗しょう症  ・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
・多系統萎縮症       ・閉塞性動脈硬化症
・初老期における認知症  ・関節リウマチ
・脊髄小脳変性症      ・慢性閉塞性肺疾患
・脊柱管狭窄症       ・両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
・早老症            ・がん末期

資格の取得

65歳になられる場合

  65歳に到達された時点(65歳の誕生日の前日)で、第1号被保険者の資格を取得することとなりますので、介護保険被保険者証を送付いたします。要介護・要支援認定の申請に必要となりますので、大切に保管してください。

65歳未満の方が転入される場合

  転入されてから65歳に到達するまでの期間は介護保険係からご案内することはありません。65歳に到達されてから、介護保険被保険者証を送付いたします。

65歳以上の方が転入される場合

  住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出することにより、幕別町の第1号被保険者の資格を取得することになります。後日、介護保険係から介護保険被保険者証を送付いたします。

以前お住まいの市区町村で要介護・要支援認定を受けていた方が転入される場合

  幕別町においても、引き続き要支援・要介護認定が必要である方は、転入日から14日以内に住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するとともに、以前お住まいの市区町村が発行する「介護保険受給資格証明書」を持参し、要介護認定・要支援認定の申請をしてください。転入前の市区町村の要介護・要支援認定は原則引き継ぐことになり、認定の有効期間は6か月間となります。後日、介護保険係から介護保険被保険者証を送付いたします。

幕別町内の住所地特例適用施設の所在地に住民票を異動される場合

  幕別町内の住所地特例地適用施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設、介護付き有料老人ホーム等)に入所するために、他市区町村から幕別町の当該施設所在地に住民票を異動される場合は、以前お住まいの市区町村が引き続き介護保険の保険者となります。
  そのため、幕別町からは介護保険被保険者証を送付することはありません。

資格の喪失

要介護・要支援認定を受けていない方が転出される場合(65歳以上の方)

  住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するときに、介護保険被保険者証をお返しください。
  なお、転出された方の介護保険料を再計算し、後日お知らせいたします。

要介護・要支援認定を受けていない方が転出される場合(65歳未満の方)

  介護保険被保険者証をお持ちでありませんので、介護保険被保険者証をお返しする必要はありません。住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出してください。

要介護・要支援認定を受けている方が転出される場合
(他市区町村の住所地特例適用施設の所在地に住民票を異動される方を除く。)

  住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するときに、介護保険被保険者証をお返しください。また、介護保険負担限度額認定証等の交付を受けている場合は、被保険者証と併せてお返しください。
 その際に、要介護・要支援認定を受けていたことを証明する「介護保険受給資格証明書」をお渡ししますので、転出先でも引き続き要介護・要支援認定が必要である方は、転出先で要介護・要支援認定申請時に「介護保険受給資格証明書」を提出してください。
  なお、65歳以上の方については、転出された方の介護保険料を再計算し、後日お知らせいたします。

要介護・要支援認定を受けている方が転出される場合
(他市区町村の住所地特例適用施設の所在地に住民票を異動される方)

  幕別町から他市区町村の住所地特例適用施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設、介護付き有料老人ホーム等)に入所して、当該施設所在地に住民票を異動される場合は、引き続き幕別町が介護保険の保険者となります。
 住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するときに、介護保険被保険者証、介護保険負担限度額認定証等の住所を訂正いたしますので、介護保険被保険者証、介護保険負担限度額認定証等を持参してください。

死亡された場合(65歳以上の方)

  住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するときに、「介護保険資格喪失届」を提出し、介護保険被保険者証をお返しください。また、介護保険負担限度額認定証等の交付を受けている場合は、被保険者証と併せてお返しください。
  なお、死亡された方の介護保険料を再計算し、相続人の方に後日、お知らせいたします。

死亡された場合(65歳未満の方)

 要介護・要支援認定を受けている方が死亡された場合は、住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出するときに、「介護保険資格喪失届」を提出し、介護保険被保険者証をお返しください。また、介護保険負担限度額認定証等の交付を受けている場合は、被保険者証と併せてお返しください。
  要介護・要支援認定を受けていない方が死亡された場合は、介護保険被保険者証をお持ちでありませんので、介護保険被保険者証をお返しする必要はありません。住民異動届を住民異動窓口(住民生活課戸籍住民係・忠類総合支所地域振興課・札内支所)に提出してください。

このページの担当は

保健課 介護保険係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-3812 / FAX 0155-54-3839
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

帯広レンタカーを予約

ブランデー買取

東京 ウエディングドレス「グランマニエ」

トラック 買取

トラック買取

トラックリース

お酒買取

トラック買取Navi

Japanese Whisky



ページのトップに戻る ▲