ホーム > 特別なお知らせ > 町内宿泊施設宿泊費助成事業について

町内宿泊施設宿泊費助成事業について

町内宿泊施設宿泊費助成事業

 新型コロナウイルス感染症の流行により宿泊客が減少し、経済的損失を受けた町内宿泊施設への誘客促進を目的として、町民が町内の対象宿泊施設に宿泊した場合、1人1泊あたり5,000円を上限に宿泊費を半額助成いたします。

※令和2年10月1日(木)の宿泊から、助成対象が十勝管内在住者に広がりました。宿泊予約は、各ホテルの公式サイトまたは電話でお問い合わせください。

(注)本助成は「どうみん割」と併用ができませんが、「GOTOトラベル」は併用ができます。
   各ホテルに直接お問い合わせ、ご予約ください。

助成対象者 

 令和2年6月10日から 幕別町に住所を有する方
 令和2年10月1日から 十勝管内に住所を有する方 

期 間  

 令和3年3月30日の宿泊まで

 ただし、総予算額に達した場合は、期間終了前に助成を終了いたします。

助成額 

 1人1泊あたり宿泊料金の半額(上限額5,000円)

 宿泊数や利用回数に制限はありません。
 

助成宿泊施設

 ・幕別温泉パークホテル悠湯館(依田126 電話0155-56-4321)

 ・十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(忠類384-1 電話01558-8-3111)

 ・十勝幕別温泉グランヴィリオホテル(依田384-1 電話0155-56-2121)※電話またはホテルの公式HPからの予約のみ割引が適用されます。 

 宿泊プランや空室状況の確認及び予約は、公式ホームページの予約サイトをご覧になるか、ホテルにお問い合わせください。

助成の利用方法

 各宿泊施設のフロントでチェックインする際に「宿泊費助成申請書」に、助成対象者全員の氏名、年齢、住所のご記入の上、住所が確認できる証明書をご提示ください。チェックアウトの際に助成を受けることができます。

 証明証の提示がない場合は、助成を受けることができませんので、宿泊時に必ずお持ちください。

 証明書例:運転免許証、健康保険証、パスポート、年金手帳、住民票、マイナンバーカード等の公的機関発行の証明証

新型コロナウイルス感染予防のためのお願い

・発熱や風邪の症状がある方、また体調不良の方は利用をご遠慮ください。
・マスクを着用してください。
・入館時に手指の消毒をしてください。
・咳エチケットや手洗いをお願いします。
・他の方と一定の距離(2m程度)をとりましょう。 

このページの担当は

商工観光課 観光係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6606 / FAX 0155-54-5564
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

Japanese Whisky

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

資金調達BANK

クレジットカード

ホットストラップ

クレジットカードマイスター

自動車事故SOS

債務整理相談ナビ

弁護士相談

結婚相談所

横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

練馬交通株式会社

車買取・査定

自動車保険

古銭買取・査定・価値

アニメガホン

まつだ整形外科

Ucarnext



ページのトップに戻る ▲