ホーム > 観光・産業・ビジネス > 農業 > 日米貿易協定に伴う農畜産物の生産額への影響について(幕別町)

日米貿易協定に伴う農畜産物の生産額への影響について(幕別町)

 令和2年1月1日に発効した日米貿易協定に伴い、国や北海道が取りまとめた日米貿易協定、日米貿易協定とTPP11を合わせた農畜産物の生産額への影響額等をもとに、幕別町の農畜産物の生産額への影響額を試算しました。

 耕種では、輸入品とすべて競合すると想定される小麦のほか、でん粉原料用作物のうち価格調整制度対象外の片栗粉用等が競合するものと想定され、それぞれ生産額の減少が生じると試算しています。また、畜産では、牛肉のうち和牛など、豚肉では銘柄豚などは輸入品と競合しないものと想定されますが、その他のものは輸入品と競合して価格が下落するものと想定され、生産額の減少が生じると試算しています。さらに乳製品のうち、バター・脱脂粉乳等はすべてにおいて輸入品と競合すると想定され、生産額に減少が生じると試算しています。

 本町では、日米貿易協定発効に伴い見直された、国の「総合的なTPP等関連政策大綱」などにより実施される施策により、強い農業を維持・拡大できるよう情報を的確に把握し共有するとともに、経営体の経営強化や強い産地づくりに資する補助事業などを活用するなど、食の安全・安心をリードする食糧基地として、農業経営がしっかりと維持されるよう、対応してまいります。

 

日米貿易協定に伴う農畜産物の生産額への影響(幕別町)

耕種

 6品目:減少額 約9,700万円

畜産

 3品目:減少額 約4億0,500万円~5億8,900万円

合計

 19品目:減少額 約5億0,200万円~6億8,600万円

 ■「日米貿易協定に伴う農畜産物の生産額への影響(幕別町)」はこちらPDFファイル(352KB)

 

《参考》日米貿易協定とTPP11に伴う農畜産物の生産額への影響(幕別町)

耕種 

 6品目:減少額 約3億6,600万円

畜産

 3品目:減少額 約4億3,100万円~6億6,200万円

合計

 19品目:減少額 約7億9,700万円~10億2,800万円

 ■「日米貿易協定とTPP11に伴う農畜産物の生産額への影響(幕別町)」はこちらPDFファイル(358KB)

 

 

関連リンク

このページの担当は

農林課 農政係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6605 / FAX 0155-54-5564
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

Japanese Whisky

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

重次法律事務所

資金調達BANK

クレジットカード

債務整理相談ナビ

弁護士相談

横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

練馬交通株式会社

車買取・査定

自動車保険

古銭買取・査定・価値

まつだ整形外科

Ucarnext

古銭買取・査定・価値

退職ナビ

弁護士法人みらい総合法律事務所



ページのトップに戻る ▲