ホーム > 防災・消防 > 幕別消防署 > 生活安心情報

生活安心情報

知っておきましょう、心肺蘇生法!

 

幕別町内のAED配備公共施設

AED設置施設ワードファイル(103KB)

AEDの使用方法

AEDについて
 心肺停止で人が倒れた場合、心臓の筋肉が細かく痙攣(けいれん)した心室細動(VF)のリズムである場合が多く、全身に血液を送り出すことができない状態です。
 突然、心肺停止状態となった傷病者の命を救うためには、心肺蘇生法(人工呼吸、心臓マッサージ)を行うとともに、必要により心臓の痙攣を取り除く除細動(電気ショック)を行うことがとても重要です。
 AEDは、電気ショックによる除細動が必要かどうかを判断してくれる機器です。また、音声メッセージにより操作を指示してくれます。
 ・平成16年7月1日の厚生労働省通知より、非医療従事者(一般の方)が救命のためAEDを使用することが認められた。
 ・AEDは「意識なし」「呼吸なし」「循環のサインなし」の傷病者を対象に使用する。呼吸や脈拍などがある場合には使用できない。
  (AEDの指示に従う)


AEDの使用方法
AEDにはいくつかの種類がありますが、基本的操作は同じです。
心肺蘇生法を行っている途中にAEDが届いたら電源を入れ、音声ガイダンスに従ってください。
 AEDを使用する際、次のことに注意してください。
   (1)胸が濡れている場合は、タオル等で拭き取ってから電極パッドを貼(は)ります。
   (2)胸に貼(は)り薬がある場合は、はがしてから電極パッドを貼(は)ります。
   (3)心臓ペースメーカーが埋め込まれている人の場合は、3cm程度離して電極パッドを貼(は)ります。  
     (皮膚が盛り上がっていて固いものが触れるのでわかります。)
 

  パドルの貼り方  

電極パッドをしっかり貼り(は)付けます。 (貼(は)り付け位置は絵で表示されています)
       
 

  かいせきちゅう  

AED本体が自動的に心電図解析をはじめますので離れます。
       
  

  ボタンを押す   

電気ショックが必要な場合、充電が開始されますので、周囲の安全を確認し通電ボタンを押します。
       
 ショックの必要がない場合は、心肺蘇生法を再開します。
       
 その後の音声ガイダンスは、ガイドラインの変更によりこれまでの機種と最新機種とでは内容が異なります。
 使用する機種の音声ガイダンスに従ってください。電極パットは貼(は)ったままにしておきます。

このページの担当は

幕別消防署 電話 0155-54-2434
札内支署 電話 0155-56-2419
忠類支署 電話 01558-8-2250

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩

不動産査定比較

バイク

資金調達BANK

クレジットカード

Goody

安い電気料金比較

ミラとも転職

ミラともVR

ミラとも派遣

退職代行

ジェルコミ



ページのトップに戻る ▲