ホーム > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 耐震改修住宅の固定資産税減額措置

耐震改修住宅の固定資産税減額措置

  耐震改修工事を行なった住宅について、工事が完了した年の翌年度分の固定資産税を減額します。なお、この減額制度の適用を受けるためには、耐震改修工事後3ヵ月以内に必要書類を添付した申告書を町に提出することが必要です。

 対象となる住宅

 ・ 昭和57年1月1日以前から建っていた住宅

 ・ 平成29年3月31日までに耐震改修が完了した住宅

 ・ 工事費が50万円を超えるもの

(平成25年3月31日までに改修工事の契約が締結された場合は30万円以上)

 ・ 建築基準法に基づく現行の耐震改修に適合した工事であること

 減額となる期間

1年間(翌年度分)

 減額される額

 改修家屋に係る固定資産税の2分の1(1戸当たり120平方メートル相当分まで)。

 提出書類

 ・ 申告書

 ・ 耐震改修の費用を証明する書類

 ・ 検査機関等が発行した耐震基準適合証明書

※ 申告書様式は税務課資産税係にあります。

このページの担当は

税務課 資産税係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6604 / FAX 0155-55-3660
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

帯広レンタカーを予約

ブランデー買取

トラック買取

お酒買取

トラック買取Navi

Japanese Whisky

フラット35

美容外科



ページのトップに戻る ▲