ホーム > くらし・手続き > 動物 > アライグマについて

アライグマについて

アライグマについて情報提供をお願いいたします。

 アライグマは北アメリカ産で道内にはペットとして輸入されましたが、気性が非常に荒いため、飼い主が捨てたり、脱走したりしたものが野生化し、天敵がいなく、繁殖能力が強いことなどの理由から、急速に生息範囲を拡大しています。
全国で、農作物被害が発生している他、民家にすみつき、ふん尿をするなどの被害が深刻化したため、防除対象となる国の特定外来生物に指定されています。
 また、見た目に反してどう猛で、近づくとかみついたり、ひっかくこともありますので、目撃した際には絶対に近寄らないようにご注意ください。
 生息状況を確認し、効果的に防除活動を行うため、アライグマの目撃および、農業被害等があった場合には情報提供をお願いいたします。

アライグマの特徴

・形態
 灰褐色の体毛をもち、目のまわりから頬にかけて黒い斑紋があり、長いふさふさとした尻尾には黒い横縞もあります。また、クマと同じくかかとをつける歩き方をするため、足跡は人の子どもの手のような長い5本指がくっきりとつきます。タヌキと誤認されることが多いですが、主に尻尾と足跡の2つがタヌキとアライグマを見分ける重要なポイントになります。

        

・生息地
 気性が荒く、夜行性で、昼間は樹洞や巣穴および、家の屋根裏、廃屋、畜舎などのなかで休息しています。木登りや泳ぎが得意で、水辺を好み、森林、農耕地のほか、市街でも生息でき、行動範囲がとても広いです。

・食性
 雑食性であり、果実、野菜、殻類、種子などの植物質が中心で、小型哺乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類、甲殻類、昆虫類、貝類などの動物質もよく食べます。農作物では、トウモロコシ、メロン、スイカ、イチゴなどの甘いものを好んで食べ、手先が器用なので、特徴的な食害の痕跡を残します。

 

左:アライグマが手でくりぬいて食べたスイカ 右:アライグマが皮をむいて食べたトウモロコシ

アライグマに関する資料

・日本の外来種対策(環境省HP)

・アライグマ対策(北海道HP)

このページの担当は

農林課 林務係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-6605 / FAX 0155-54-5564
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

美容医療相談

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

メリル

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩



ページのトップに戻る ▲