ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 子宮がん検診

子宮がん検診

目的

  子宮がんになる原因は「発がん性ヒト・パピローマウイルス(HPV)」です。
HPVは性交渉の経験のある女性であれば、誰でも感染したことがあると考えられる、ありふれたウイルスです。
最近では、子宮頸がんが20~30歳代に急増しており、不妊の原因になることもあります。
子宮がんはHPVに感染していても、がんを発症する前に発見および治療をすることができます。
また、妊娠前の方も、妊娠を考える前に定期的に受診し、女性としての健康を維持することが大切です。

対象者

  20歳以上の今年度偶数年齢を迎える女性(助成対象年齢早見表)

検診内容

  子宮頸部がん検診

 子宮頚部の細胞を採取してチェックします。細胞レベルで検査できるので、がんの早期発見が可能です。2年に1度の検査を助成しています。

 子宮体部がん検診

 子宮の体部の細胞を採取してチェックします。子宮体部のがんは閉経後に発生することがありますので、50歳以上の方で不正出血がある方にお勧めしています。

助成する検診

 (病院個別)子宮がん検診
 スマイル検診
 人間ドック

このページの担当は

保健課 健康推進係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-3811 / FAX 0155-54-3839
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

帯広レンタカーを予約

ブランデー買取

トラック買取

お酒買取

トラック買取Navi

Japanese Whisky

フラット35

美容外科



ページのトップに戻る ▲