ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 胃がん検診

胃がん検診

目的

  胃がんは日本人のがんによる死亡原因の6分の1近くを占め、毎年約5万人の方が亡くなっています。
  その発生は食生活に関係があるといわれ、予防にはバランスのとれた栄養に留意し、緑黄色野菜の摂取と減塩が大切です。
  胃がんは早期に発見し、早期に治療すればほぼ治ります。
  したがって、何か症状がでる前、無症状の時期に発見する事が大切です。

対象者

  40歳以上の方(年度内に迎える年齢で)

検診内容

  胃バリウム検査
  バリウムを飲んでからX線で胃の状態をみます。前日の夜から飲食禁止です。年に1度の検査をお勧めします。

助成する検診

 スマイル検診
  人間ドック

このページの担当は

保健課 健康推進係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-3811 / FAX 0155-54-3839
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

帯広レンタカーを予約

ブランデー買取

トラック買取

お酒買取

トラック買取Navi

Japanese Whisky

フラット35

美容外科



ページのトップに戻る ▲