ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > エキノコックス症検査

エキノコックス症検査

目的

  エキノコックスは寄生虫の一種です。
  成虫は主としてキツネに、幼虫は野ネズミに寄生しています。
  成虫は卵をつくりますが、その卵がエキノコックスが寄生したキツネやそのふんに直接さわったり、ふんに汚染された山菜や沢水を口にするなどして、人の口に入ると、腸で卵から幼虫となり、主に肝臓に寄生し、エキノコックス症という病気を引き起こします。
  感染率は他の病気に比べ高くありませんが、感染してから自覚症状が出るまでに数年から10数年かかり、気がつかないうちに悪化してしまうことが多い病気です。
  血液検査で感染の有無を確認することができます。

対象者

  8歳(小学3年生)以上の方

検診内容

  血液検査
  5年に1度の検査をお勧めします。

助成する検診

 スマイル検診

このページの担当は

保健課 健康推進係
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話 0155-54-3811 / FAX 0155-54-3839
(土日・祝日を除く平日の午前8時45分から午後5時30分)

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

帯広レンタカーを予約

ブランデー買取

トラック買取

トラックリース

お酒買取

トラック買取Navi

Japanese Whisky

フラット35

美容外科



ページのトップに戻る ▲