ホーム > 防災・消防 > 幕別消防署 > 生活安心情報 > 知っておきましょう、心肺蘇生法

知っておきましょう、心肺蘇生法

知っておきましょう、心肺蘇生法

 心肺蘇生法とは、胸を強く圧迫する「胸骨圧迫」と、口から肺に息を吹き込む「人工呼吸」によって、止まってしまった心臓と呼吸の動きを助ける方法です。脳は、心臓が止まると15秒以内に意識が意識がなくなり、3~4分以上そのままの状態が続くと回復することが困難となります。心臓が止まっている間、心肺蘇生法によって脳や心臓に血液を送り続けることがAEDの効果を高めるとともに、心臓の動きが戻った後に後遺症を残さないためにも重要です。

 倒れた方の命を救うためには、その場に居合わせた「あなた」が心肺蘇生法を行うことがもっとも重要なのです。

心肺蘇生法の手順

1 反応(意識)の確認

傷病者の耳元で「大丈夫ですか」または「もしもし」と大声で呼びかけながら肩を軽くたたき、反応があるかないかをみます。

1反応の確認

2 119番通報とAEDの手配

助けを求め協力者が駆けつけたら、「あなたは119番へ通報してください」「あなたはAEDを持ってきてください」と具体的に依頼します。

3 呼吸の確認

傷病者がふだん通りの呼吸をしているかどうかの確認をします。

そばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、ふだん通りの呼吸をしているか判断します。

3呼吸の確認

4 胸骨圧迫

傷病者にふだん通りの呼吸がないと判断した場合には、心停止と判断し危害を恐れることなく直ちに胸骨圧迫を開始します。

両肘をまっすぐに伸ばし、重ねた両手で胸の真ん中にある胸骨を強く、速く、絶え間なく圧迫します。

強さ 速さ
胸が約5cm沈む程度 1分間に100~120回

4胸骨圧迫   4胸骨圧迫2

5 人工呼吸(口対口)

30回の胸骨圧迫終了後、直ちに気道確保し人工呼吸を行います。

(1)気道確保(頭部後屈あご先挙上法)

  • 傷病者ののどの奥を広げて、空気を肺に通しやすくします。
  • 片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先に当てて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先を上げます。

5-1気道確保

(2)人工呼吸(口対口)

  • 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみます。
  • 口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約2秒かけて吹き込みます。傷病者の胸が上がるのを確認します。
  • 口をいったん離し、同じ要領でもう一度吹き込みます。

※胸が上がらない場合でも吹き込みは2回までとし、すぐに胸骨圧迫を再開してください。

※傷病者の顔面や口から出血している場合、口と口を直接接触させるのがためらわれる場合には人工呼吸を省略し、胸骨圧迫のみを実施します。

5-2人工呼吸

6 心肺蘇生の継続

胸骨圧迫を30回行った後に、人工呼吸を2回行います。

この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を救急隊員と交代するまで、絶え間なく続けます。

AEDの使用方法

AEDについて

 心肺停止で人が倒れた場合、心臓の筋肉が細かく痙攣した心室細動である場合が多く、全身に血液を送り出すことができない状態です。突然、心肺停止と状態となった傷病者の命を救うためには、心肺蘇生法を行うとともに、必要により心臓の痙攣を取り除く除細動(電気ショック)を行うことがとても重要です。

 AEDは、電気ショックによる除細動が必要かどうかを判断、音声メッセージにより操作を指示し、電気ショックを行う機器です。

AEDの使用方法

AEDにはいくつかの種類がありますが、基本的操作は同じです。心肺蘇生法を行っている途中にAEDが届いたら電源を入れ、音声ガイダンスにしたがってください。

AEDを使用する際、次のことに注意してください。

(1)胸が濡れている場合は、タオル等で拭き取ってから電極パッドを貼ります。

(2)胸に貼り薬がある場合は、はがしてから電極パッドを貼ります。

(3)心臓ペースメーカーが埋め込まれている人の場合は、3cm程度離して電極パッドを貼ります。

1 AEDの電源を入れる

AED本体を取り出し傷病者の近くに置き、電源ボタンを押します。(ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります)

AEDの電源を入れる

2 電極パッドを貼る

傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。電極パッドの袋を開封し、電極パッドの粘着面を傷病者の胸の肌にしっかりと貼り付けます。(電極パッドに貼り付ける位置が表示されています)

電極パッドを貼る

3 コネクタの接続

電極パッドのケーブルのコネクタをAED本体の差し込み口に接続します。(すでに接続されている機種もあります)

コネクタの接続

4 心電図の解析

電極パッドを貼り、コネクタを接続すると「体に触れないでください」などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始ります。この時、AEDの操作者は「体から離れてください」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。

心電図の解析

5 電気ショック

電気ショックが必要な場合、充電が開始されますので周囲の安全を確認し通電ボタンを押します。電気ショックを行った後やショックの必要がない場合は、直ちに心肺蘇生を再開してください。

電気ショック

幕別町内のAEDが設置されている公共施設

幕別町内のAEDが配置されている公共施設はこちら → AED設置公共施設PDFファイル

このページの担当は

幕別消防署 電話 0155-54-2434
札内支署 電話 0155-56-2419
忠類支署 電話 01558-8-2250

アンケートにご協力ください

よりよいホームページとするために、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
質問:その他のご意見・ご要望をお聞かせください。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。



広告

バナー広告掲載の申し込みはこちら

ブランデー買取

トラック

お酒買取

Japanese Whisky

トラック買取

美容医療相談

車売る・買取査定

リフォーム

保育士転職

着物買取

ウエディングドレスなら【公式】グランマニエ東京銀座・札幌

メリル

鉄道模型買取

婚活アプリの白い鳩



ページのトップに戻る ▲